カテゴリ:技術士



技術士 · 21日 1月 2024
自己紹介はもう置いておいて、時間も限られてるので。 今日は、口頭試験に向けたですね、受験生の皆さんにアドバイスということで、ちょっと貴重なお時間いただきました。 今日お伝えする内容はですね、最初に1番伝えたい大事なことを話した上で、 試験前の過ごし方と、試験日の過ごし方に、3つに分けてですね、ご説明できればなと思います。 まず1点目。...
技術士 · 07日 1月 2024
最終的にその試験を受けて何を考えたかっていうと、口頭試験とか面接とか、まー皆さん色々言いますけど、結局、これね試験官との会話だなって思いました。 つまるところ、自分が技術士としてふさわしいっていうことをアピールする。 アピールしなきゃいけないんですけど、まあまあそれはね、普通にその試験官の人と普通に会話しつつ出していくっていう感じで、つまり聞かれたことに、ただ素直に、自分がどういうことをやってきたよっていうことを答えるだけって感じですね。 会話なので、もちろんこっちが話すのも重要だし、聞くことも重要なんですね。試験官の人の話をしっかり聞いてそれに対して間違いのないように話す。 なのでもちろんその話が長いからといって、途中で話を遮って喋りだしたりすると、多分NGだったでしょうね。 ま、そんな感じでした。
技術士 · 16日 12月 2023
あと試験1週間前ですね。 1週間前の平日に、有給取って、山ごもりしました。 山ごもりっていうのは、そのものの意味で、箱根の山に登山しに行ったんですね。 これが結構、えっと、登山って、まー、歩くしかないので、ま、色々集中できるんですね。頭の中が、でばーって、いい感じに、こう、整理されていくっていうような状況にできました。 ただですね、今年は、なんか、 あの、月の輪熊とかが多く出るらしいので、ちょっと、登山未経験者は、あんまりやんない方がいいかなっていう感じはします。というとこですね。
技術士 · 16日 12月 2023
この時に、落とされた原因っていうのは、機械設計ってそもそも何かっていうのをちゃんとわかってなかったよねっていうところ。 つまり、自分の業務の専門性っていうのをわかってない。 筆記試験に合格していれば、ほとんどの方がある程度分かってるよね、っていう前提があるんだろうけれども。 意外とふわっとしてると口頭試験の合格率が低い分野などはそういったことが起こってるんじゃなかろうか、という風に個人的には思っています。
技術士 · 03日 12月 2023
転職 春山
一所懸命やればいいということで、最後なんか根性論みたいになりましたが、一番言いたかったことは今あなたが置かれている状況はあなた自身が選択して、決断してそこにいる。ということです。
技術士 · 02日 12月 2023
転職 しぶちょー
いやいや、シブチョーさん 会社に思うことがあって転職活動してるのに今の会社に残るなんて、結局何も変わってないじゃないいか と思うかもしれませんが、これは違います。同じ会社に居続けるにしても、転職活動をしたかしていないかでは雲泥の差があるわけです。転職というカードを持っているか否か、それが働き方に大きな影響を及ぼすわけです。転職活動からしか得られない栄養があるんですね。今日はそこら辺の私の体験談を交えながらお話しできればと思います。
技術士 · 08日 7月 2023
筆記試験の思い出しょちょー(機械)
自分が本当にその時間で解けるか分からなかったので、実際にお休みの日に本当に人が誰もいない状態にして、全部無音の状態に実際に試験やって過去問を何も見ないで繰り返し解いてみるとそのくらい時間かかるかってのをやっていました。 ただ、ある時に原稿を書こうと思ったら30分以上書いても、全然集中力続かないみたいなとこがあって、あれどうしちゃったのっていうのがありました。 それたまたまかなと思って寝れば明日になればなんとかなるだろうと思って気楽に考えていて、その日はやめてどうしようか、じゃあもう一回翌日やろうかと思ってやったらそしたらまた同じ状態でやばい、これどうしようみたいな形になっていました。 ちょっと焦ったというところがありますし勉強しなきゃいけないけどもう体力続かないということで正直焦ったというところがあります。
技術士 · 08日 7月 2023
筆記試験の思い出むくちゃん(化学部門)
他の部門の問題もですね見ていただいて自分のこれまで蓄積してきたキーワードだったり骨子で立ち打ちできるかっていうのは一度何度か経験されておくといいかなと思います。 先ほどの土壇場でどうすればいいんだろうっていう会話の一部ありましたけど、それに指摘する対策になるんじゃないかなと思ってて、どの部門にも共通して問われてる課題とかもあると思うんですよね。 なので例えば私は化学ですけど、機械だったり経営工学だったりっていうところで全然違う部門の必須問題とかを見てみて自分がこれまで貯めてきたワードで当てはめるとすると無理やりだけどどうしようかなっていうところですね、何とか考えて無理やりにだったらこう埋めるかなっていうところを何とか経験しておくと本番少しひねられたとところで、こういうふうに置いていこうかなっていうと訓練になると思います。
技術士 · 08日 7月 2023
筆記試験の思い出ハザクラ(金属部門)
まずね、問題文はやっぱりよく読んでください。というのも私ね、金属板の表面技術を選択しているんですけれど、その去年の2-1-1が、その真空を利用した表面改質技術だったんですけど、最初に私ね、すごい慌ててて真空を利用したってところまでしか見てなかったんですよ。なので、おっしゃきたー真空蒸着書くぞって思ったんですけれど、書こうと思ってよくよく見たら、表面改質ってなってて、真空蒸着じゃねーって思って、まあそれ書く前に気づいてよかったんですけれど、やっぱりね、本番すごく慌てます。
技術士 · 07日 7月 2023
筆記試験の思い出ダイ(化学部門)
皆さん自分がどれくらいのスピードで1枚書き上げることができるかというところの把握、いわゆる自分のマネジメントというところが大事かなと思っています。 よく一般的には20分から25分くらい1枚あたり書くというのが大体よく聞く話だと思うんですけど、本当に本番を想定して書いた時に自分がどれくらいのスピードで書けるかというのがすごい大事かなと思っています。そういう意味での当日のマネジメントというのはすごい大事かなと思います。 当たり前ですけど、練習でできないことは当然本番でもできないかなと思っているので、その点はこの残りの3週間弱で皆さんどれくらいスピードを書けるかというところは改めて確認したほうがいいんじゃないかなというふうに思います。

さらに表示する